読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるのいくじにっき祭り season2

前に書いていたブログの使い回しブログです。妄想癖強め。変な人寄ってくる率高め。育児日記率低め。

クリスマスツリーの悲劇

スポンサーリンク

 2005-12-1 1歳7か月

 

 

もうすぐクリスマスですね。

 

街はネオンで輝き、恋人達は浮かれモードに突入です。

 

 

我が家もささやかながらクリスマス風の宴を催す予定であります。

子供が生まれる前はツリーなんて買おうとも思いませんでしたが、子供がいる家庭にはそれっぽく見せる為に必要だろうと思い購入しました。

はるひこさんは外出先やテレビでクリスマスツリーを見るたびに

 

「ん た トゥ トゥ リー !!」

(クリスマスツリーの事を言っています)

と大興奮するので、きっと喜んでくれるに違いないと思っていたのです。



しかしにあんな悲劇が起こるとは、想像すらしていませんでした・・・・

 

 





イメージ 1


ファイバーツリーにしました。

小さいですが、はるひこさんの背丈くらいはあります。

飾りも多いほうが喜ぶと思って、いくつか追加購入しました。

 

キレイですね。

やっぱりこれがあるだけで、クリスマス気分が嫌でも高まるというものです。



イメージ 2

これから待ち受ける過酷な運命も知らず輝きを放つツリー・・・。















イメージ 3


おや。はるひこさんがやってきました。

ちかくでツリーを眺めて、かわいい笑顔でも見せてくれたら
母はそれだけでうれしいのです。

 

しかし、なにか浮かない顔・・・。



 















イメージ 4


え・・・?

 

なぜ飾りを親の仇のごとく、部屋中に投げ散らかすの?
 
もはやこれはクリスマスツリーでもなんでもなく、ちょっと雪(綿)が残った木です。

 

しかしはるひこさんは、飾りを投げ捨てるだけでは飽き足らず・・・















イメージ 5


ああああああ!!


雪(綿)までもポイポイなげはじめました。

しかも何度も何度もツリーを倒します。

 

なぜそこまでするのよー!

あんたが喜ぶと思って飾ったのにー

親の心子知らずを、生後2年もしないうちに体験したわー

 

 

せっかくの飾りも全て放り投げられ、クリスマスツリーに残ったのはてっぺんにそびえる大きな星ひとつ。



何度もはるひこさんに倒されたクリスマスツリーはこころなしか疲労感漂う右寄りの姿勢。



というわけで、我が家のクリスマスツリーはただの「木」に成り下がりました。

光も飾りもない、ただの「木」は何の気分も盛り上げてはくれません。

 

 その後何度つけても、飾りをぶん投げてくれるので

ついには諦めて、「私は木を買って木を飾っているんだ」と思い込むようにしました。

 

 

翌日、会社に行くと私のバッグの中にツリーの飾りがふたつ入っていました。

 

飾りを持ち歩くくらいクリスマス好きな人みたいで、なんか恥ずかしくなりました。

 

 

 

 

 
広告を非表示にする