はるのいくじにっき祭り season2

前に書いていたブログの使い回しブログです。妄想癖強め。変な人寄ってくる率高め。育児日記率低め。

パンチのきいた上司に追い詰められて替え歌作って会社辞めました

スポンサーリンク

前の会社にいた時の話です。

後にも先にも現れないだろうというレベルの人間に出会いました。

 

 

 

mamicoz.hatenablog.com

 

この鍵を入れてしまった事務所に引っ越してから、少ししてその人は入社しました。

 

支店長待遇で入社したこともあり、「よほど仕事のできるダンディがやってくるんだろうな」と思っていましたが、ふたをあけてみるととんでもない人間でした。

 

 

大人げない無視

 

嘘のような話ですが、いい大人がガン無視します。

朝の挨拶に始まり、1日中話さない日が何度もありました。

さほど仕事に影響もないので構わないのですが、たまに仕方なく話しかけると目で威圧してきます。

かと思えばすごくしゃべる日もあります。

そういう時は相手にしないと不機嫌になります。

 

 

 

 

 

嫌がらせトイレ

私が出勤する前にすでに出社しているのですが、支店長は必ず会社で大をします。

そして100%便器に爪痕を残します。

 

私の仕事は朝いちで、それを掃除するところからはじまります。

粘度が高い為、なかなか大変でした。

何度除去しても次の朝にはまたつけているので、発狂しそうになったことが何度もあります。

 

 

 

 

 

 

同じ嫌味を何度も言う

ご存知の方もいるかと思いますが私は足が大きめに設計されています。

 

mamicoz.hatenablog.com

 

普通のマンションの一室なので、当然靴を脱いで事務所に入るのですが

支店長が外出先などから戻ってくる際、必ず私に向かって言うことがあります。

 

「玄関にある靴、大きすぎて男が来てるかと思った」

「あんなに足でかくてよく靴があるね」

「本当に足が大きいね」

 

このどれかをローテーションで使います。

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーは飲まない

腐っても上司なので、毎朝コーヒーを入れます。

しかしひと口飲んだだけで、必ず立ち上がって流しへ行きバシャーと捨てます。

ひと口も飲まない日もあります。

バシャ―と捨てるついでに必ず洗い桶の水を満タンにします。

私がわざと空にしているのに、前世が河童だからか知らないけど水を溜めたがります。

 

コーヒーについては一度聞いた事がありますが、いるとの回答でした。

ではなぜ捨てるのかという疑問が残りますが、答えは支店長にしかわかりません。

 

どうせ捨てられるなら

ひと口分だけいれてやろうかとか

何か不衛生な物をいれてやろうとか

泥水にしてやろうかとか

毎朝トイレについてるやつ溶かして入れてやろうかとか

何度も何度も思いましたが、そこを我慢したのが私の人生で一番努力したことです。

 

 

 

 

 

 

 

理不尽にキレる

キレやすい若者とはよく言いますが、キレやすいおじさんでした。

そこらへんの若者の方がまだ我慢できていると思います。

 

ある日、私が熱を出し会社を休むことになりました。

事務所に電話しても出ないので、支店長の携帯に電話しその旨を伝えると・・・

 

「こっちは事務所の鍵を家に忘れてて入れないんだよ!何で突然休むんだ!こっちはさっきからずっと待ってるのに!!タクシーでも何でも乗って今すぐもってこいっ!」

 

ときたもんです。

 

自分がカギを忘れたなら家に取りに帰ればいいだけの話ですが、熱を出した私が悪いということのようです。

この時はさすがに腹がたったのですが、当時同居していたお義母様が

「ここはぐっとこらえて、持っていったほうがよい。」とまるで仏様の教えのような立派なアドバイスをくれたので、タクシーで会社に向かいました。

 

向かう途中も悔しくて涙が止まらなかったので泣きはらした目で車の中で待つ支店長の元へ向かったのですが「意外と早かったね。」とだけ言い、鍵を私から受取り事務所へ入っていきました。

自分が忘れたのにありがとうの一言もなしです。タクシーも自腹です。

この時ばかりは藁人形の購入を検討しました。

 

 

 

 

 

 掃除で嫌がらせ

年末の大掃除はひとりでやりました。

2日ほどかけてやったのですが、正月休みに入ってから自分の奥さんを呼び、全部やり直しさせたと正月明けの朝、一発目に聞かされたときの私の気持ちを誰が分かってくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

差別的発言

とにかく人を見下す事しかできない人間でした。

 

自分の名前の漢字の書き間違いを異様に嫌いました。

たとえば「永田」と「長田」だったとすると「長田」は隣の国の方(当然差別的な言い方をしますよ。)が多いから絶対間違えるなとか。

※あくまでも例です。ながたさん、ごめんなさい。

 

 

私たちが住んでいる街のことを「ぬすっと部落」だとか。

 

従業員がとある街に家を建てるという話をしたときには

「あんなところに住む人間の気がしれない。それに反対しないお前の嫁もおかしい。」

と言いました。

 

さらには当時まだ4歳くらいだったはるひこさんについて会った事もないのに

「お宅の息子は〇〇高校は無理だし、〇〇大学なんて絶対無理だ。」

と、進路指導までして頂いたこともあります。

 

 

 

この他にも書き切れないほど理不尽な言動がありました。

そんなこんなで支店長がやってきてから、私も旦那も他の従業員も限界寸前でした。

 

そんなある日、支店長が意味の分からない事で旦那にキレました。

本当に些細などうでもいいことですが、顔を真っ赤にし大声で怒鳴り散らしました。

 

 

旦那はその時決断したのかもしれません。

お世話になった会社でしたが、これ以上は到底やっていけそうにありませんでしたので、2人して退職することにしました。

 

 

その後、その営業所の売上はがた落ちしたとうわさで聞きました。

 そこそこ売上を上げていた旦那が辞めた事で支店長の評価も売上も急降下したようです。 どんな仕返しをするより、すっきりしました。

 

 今も変わらずにいる事と思います。人間そう簡単には変わりませんからね。

 

  

 ※最後に当時、支店長からの攻撃で病んでいるときに作った替え歌がありますので貼っておきます。

この替え歌で過去を思い出し、上記の内容を書けたほど支店長の全てが詰まっています。

こんなくだらない歌を作るほど頭がおかしくなっていたということをご理解頂けると幸いです。

 

 

エキセントリック少年ボウイのエンディングの方の歌です。

↓↓原曲はこちら↓↓ 

【コメ付】あぁエキセントリック少年花京院 - YouTube

 ※あえてこの動画を選びました。秀逸w

 

 

最近だんだんわかってきた
コーヒーを入れても 彼は飲まない
いろんな彼が みえてきた
みたくはないもの ばかりだけど
支店長は すぐ どこかにスリッパぬぐのさ
支店長のあと トイレ入ると へんなものついているのさ
支店長は カギなくす
お前にどうしてカギがいる Woo-

Ah エキセントリック支店長
印鑑を隠すから 請求書できない 
でも言えない 支店長には言えやしない
悲しくなるだけだから

 

支店長は アホほど 水を溜める
支店長は アホほど コーヒーを捨てる
めっちゃ腹立つ めっちゃ腹立つ
飲まんなら いらんて 言ってくれや

 

セリフ『うわっ、知らんうちに、私が大掃除した後もう一回掃除されてる!』

 

あー 明日になんか ならなきゃいいのに
あー 明日になんか ならなきゃいいのに
どうせ今日も 軽く無視
3日連続 軽く無視


 
広告を非表示にする